仕入れ、タオバオ仕入れ、アリババ仕入れ、商品仕入れ、OEM代行
営業日

トップページ > ヘルプセンター > 中国仕入れを行う際は代行業者に依頼するメリットと選ぶポイント

中国仕入れを行う際は代行業者に依頼するメリットと選ぶポイント

将来につながるビジネスのファーストステップとして、中国より商品を仕入れて日本で販売してみたいという問い合わせが急増しています。


しかしながら、どう始めたらいいか分からず不安に思う方も多いです。


この記事では中国仕入れの際に代行業者に依頼すべき理由及びメリットについてお伝えします。


これから中国仕入れで商品の販売を考えている方は、ぜひ一読していただければと思います。


目次

1:中国仕入れの方法

2:そもそも中国仕入れ代行業者って何?

3:中国仕入れ代行業者は具体的にどんなことをするの?

4:中国仕入れ代行業者に依頼した方がいい理由

    ① 仕入れが簡単になる

    ② 国語が分からなくてもOK

    ③ 検品などのオプションサービス

    ④ 国際物流のコスト

    ⑤済方法

5:より分かりやすい一覧表

6:中国仕入れ代行業者を選ぶポイント

    ポイント1:業界で経験があるかどうか

    ポイント2:レスポンスの速さ

     ポイント検品作業やその他オプションは充実しているか

    ポイント4:費用

    ポイント5:FBA直送は出来るかどうか

    ポイント6:商品撮影の代行

7:まとめ



1:中国仕入れの方法


国仕入れには大きく二つの方法があります。


    方法1:自分で中国工場を調べてやりとりをして仕入れる。


リサーチは勿論、全てのやり取りや決、国際発送の手配、通関の対応など全部輸入者がしなければなりません。

言うまでもなく変膨大な作業量になります。


    方法2:中国仕入れ代行業者に依頼する。


仕入れたい商品を中国仕入れ代行業者に伝える、後は代行業者とやりとりをするだけで、簡単に中国仕入れが出来てしまいます。



2:そもそも中国仕入れ代行業者って何?


国仕入れ代行業者とは、日本の販売者の代わりに中国で商品を仕入れて日本へ発送してくれる業者です。


頼できる中国仕入れ代行業者は輸入販売ビジネスにおいてとても重要なパートナーとなります。


何故なら代行業者に依頼すると日本の輸入販売者の作業負担を最大限に減らすことが出来るほかに、商品の売れ行きや利益に直結しているからです。



3:中国仕入れ代行業者は具体的にどんなことをするの?


国仕入れ代行業者は、タオバオやアリババなどのサイトや、工場から商品の買い付けを行い、日本の輸入販売者の指示をもとに輸入販売に適した各種加工を施した後、国際配送までの全ての作業を専門的に行う会社になります。



4:中国仕入れ代行業者に依頼した方がいい理由


様々な理由がありますが、比較的に重要な理由をまとめます。


    ① 仕入れが簡単になる


弊社さくら代行ではネットショッピング感覚で中国仕入れが出来るシステムを開発し、より簡単かつシンプルに中国仕入れが出来るようになっています。


さくら代行のサイトで商品を探してカートに入れて、オプションを指定して決済という流れになります。


日本の輸入販売者がご自分で中国のタオバオやアリババで商品を探し、情報をエクセルシートにまとめて提出する方法を採用している代行業者も多いです。


    ② 中国語が分からなくてもOK


代行業者を通さないと、やはり言葉の壁に直面します。中国の工場やショップとのやりとりは基本的に中国語のみです。


 検品などのオプションサービス


日本と中国の商習慣の違いから、1番のメリットはやはり代行業者が提供してくれる検品などのオプションサービスと言えるでしょう。


そもそも違う商品が届いたり、明らかな製造不良と見受けられる商品が届く場合が多いですが、


このようなトラブルを中国仕入れ代行業者が検品作業をして交換または返品してくれます。


もし中国仕入れ代行業者を通さずに直に日本に届いたら殆どの場合返品出来ません。


返品、交換が出来たとしても日本からの国際送料は日本の購入者負担になります。


このような損失を防ぐ為にも中国でしっかり検品したほうがいいでしょう。


  国際物流のコスト


国仕入れで無視できないのが国際輸送にかかるコストです。


中国仕入れ代行業者は各物流会社と大口契約している場合が多く、格安な割引料金で国際物流を利用することが出来ます。


そもそも国本土の販売者が直接商品を日本に発送してくれる場合も少ないです。


 済方法


アリババやタオバオなどのサイトの支払い方法は支付宝(アリペイ)になります。


工場と直取引の場合は銀行を通して国際送金することになります。


どちらにしても日本の輸入販売者に優しい決済方法ではありません。


中国仕入れ代行業者の場合日本国内の銀行口座に振込だけで済む場合が多いのでとても簡単に決済が出来ます。



5:より分かりやすい一覧表


仕入れ代行業者に依頼する場合

ご自分で仕入れる場合

仕入れにかかる労力

少ない

多い

価格交渉

あり(代行業者による)

自分でする必要あり(語学力が必要)

学力

必要なし

必要

商品の確認作業

あり(検品など)

全て日本でする必要あり

国際物流コスト

割引料金あり(例外あり)

割引料金なし

国際送金など手間と費用がかかる

FBA直送サービス

あり

なし

商品のトラブル対応

あり

なし

売に必要なオプション

あり(代行業者によって内容が違う)

なし
























6:中国仕入れ代行業者を選ぶポイント


 ポイント1:業界で経験があるかどうか


国仕入れ代行業者を選ぶ際はなるべく業界経験の多い業者に依頼しましょう。


経験が多い分的確な仕事をしてくれます。


 ポイント2:レスポンスの速さ


日本語でのやりとりは基本で、それ以上にレスポンスの速さが大事なポイントとなります。


メッセージを送っても2〜3日後に返事がくるような代行業者では効率が悪すぎます。


 ポイント3:検品作業やその他オプションは充実しているか


国仕入れにおいて検品は必要不可欠な作業と言えるでしょう。不良品を中国側で見つけると代行業者がしっかり対応してくれます。


業界経験の豊富な業者が一番力を入れている部分でもあります。


 ポイント4:費用


各種費用が明確に掲載されているかどうか確認しましょう。


費用の掲載があると仕入れの際のコストも計算しやすいので利益が出る商品かどうか分かりやすいです。


国際送料の掲載があるかどうかもしっかりチェックしましょう。


 ポイント5:FBA直送は出来るかどうか


アマゾン販売者にとってFBA直送は絶対外せないポイントになります。


商品ラベル、配送ラベルはもちろん、納品要件に沿った梱包ができるかどうかも重要です。


国仕入れ代行業者がFBA納品の知識を持っているかが大事です。


 ポイント6:商品撮影の代行


他社と同じ商品画像を使うと必然的に価格競争に陥ってしまいます。


OEM商品の場合、元々商品画像がないので撮影代行は特に大事です。


勿論日本でも撮影依頼できますがとにかく高いです。


カット数の多い場合は中国の業者に依頼したほうが賢明です。


上記以外にも様々なポイントがありますが、何より自分のニーズに合う業者かどうかは自分で見極めなければなりません。



7:まとめ


将来につながるビジネスとして、中国仕入れビジネスをどのように展開するか事業計画を立てる際は中国仕入れ代行業者の存在を忘れてはいけません。


如何に中国仕入れ代行業者を積極的に活用するかが成功の鍵になると言っても過言ではありません。


積極仕事の頼をして、時間をかけてお互い信頼関係を築くことがとても大事です。


さくら代行は2012年創業の中国仕入れ、中国輸入代行の老舗です。


豊富な業界経験を生かして、お客様の中国仕入れ販売ビジネスの一役を担いたいと存じます。


国仕入れ、中国輸入は是非さくら代行にお任せください。


03-4486-5395

09:00-18:00(日本時間)

soudan@sakuradk2.com

お客様相談窓口