中国仕入れ代行、中国輸入代行、タオバオ仕入れ代行、アリババ仕入れ代行、中国OEM代行、無在庫販売中国仕入れ
代行専用:050-8882-6299    09:00-18:00(日本時間)
OEM専用:050-8882-6599    09:00-18:00(日本時間)
お客様相談窓口:soudan@sakuradk2.com
1元=21.42円
トップページ > 中国、日本の 基礎知識 > 商品画像について

商品画像について

ネットショップでの商品の販売において一番大事なポイントが商品画像です。

 

 

商品の売れ行きは商品画像で7割決まると言われるほど大事なポイントです。

良い商品画像は商品のセールスポイントをお客様に直感的に伝えることが出来ます。

 

 

良い商品画像を撮るには高度な撮影テクニックや機材が必要です。

また、画像の切り抜きをはじめとする編集スキルも必ず必要です。

 

 

最近はスマートフォンさえも一眼レフ顔負けの商品画像を撮ることが出来ます。

しかし、性能の高いカメラだけでは必ずしも良い商品画像が撮れるわけではありません。

 

 

商品画像の撮影は、スタジオのセッティングから始まります。

背景布や照明、レフ板、三脚など様々な機材が必要ですが、これらの機材は簡単に揃えることが出来ます。

 

 

しかしながらこれらの機材をどう配置するのかで商品画像の出来栄えが変わります。

照明一つの置き方にも意味があり、長年の経験がないと満足のいくワンカットに簡単にはたどり着けません。

 

 

 

良い商品画像は、商品のセールスポイントを正確に伝えること、特徴を伝えること、言葉では表現しきれない情報を視覚的に伝えることができると言えます。

 

 

また、セールスポイントを過剰に盛らない点にも気をつけるべきです。

過剰に盛った商品画像はマイナス評価に繋がりやすいからです。

 

 

では、どのような商品画像が良いと言えるでしょうか?

 

 

よくみる失敗例を含めて画像で簡単に説明します。

 

如何でしょうか?

画像だけでも失敗のポイントが伝わると思いますが

画像+文字でよりわかりやすくなったかと思います。

 

 

さくら代行は自社撮影チームが自社スタジオで商品画像を撮影しております。

また、動画撮影も可能です。

中国仕入れにおいて商品画像でお困りでしたら是非弊社にご用命ください。

 

 

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

会員
登録
営業日

月額
会員
カート
オススメ
閉じる