中国仕入れをもっと簡単に!
会員登録 | ログイン | 1元=21.91円
トップページ > 中国仕入れのイロハ > 中国、日本の 基礎知識 > 最近よく聞くOEMって何?アリババ仕入れ代行業者が詳しく解説します

最近よく聞くOEMって何?アリババ仕入れ代行業者が詳しく解説します

最近よくOEMという単語を見る機会が多くなってきました。

 

一体何のことだろうと気になっている方もいらっしゃるでしょう。

本記事では、OEMの基本概念からメリット、デメリット、さらには中国輸入OEMの成功事例や信頼できるOEMメーカーの選び方までを詳しく解説します。

 

OEMは、企業の成長や競争力強化に不可欠なビジネスモデルであり、将来的な可能性も広がっています。

さあ、OEMの世界に飛び込み、ビジネスの新たな可能性を追求しましょう。

 

OEM

 

 

目 次

 

 

 

 

1.OEMとは 

 

 

(1).OEMの定義 

OEMは、製造業におけるビジネスモデルです。

 

他社からの依頼に基づき、その他社のブランド名で製品を製造することを指します 。

 

一般的に、商品の販売プロセスは以下のステップで行われます。

 企画 → 開発 → 設計 → 製造 → 流通 → 販売 

 

OEMとは、この中の「製造」のみを他社に委託するシステムです。

 

その他の工程は、委託者自身が担当します。

OEMメーカーが製造した製品は、委託者に納品され、委託者はそれを自社ブランド商品として販売します。 

 

このように、OEMは技術や販売に関する提携や企業の効率向上を目的とした生産方法で、さまざまな業界で活用されています。

最近ではアリババ仕入れを通して受託先のメーカーを見つけ、OEM依頼につながることもあるようです。

 

(2). OEMの略称の意味 

OEMの略称は「Original Equipment Manufacturer」を意味します。

一般的には「元々の製造業者」または「本来の製造業者」と訳されています。

 

(3).OEMの歴史 

OEMの概念は自動車産業で最初に使用されました。

 

製品全体を一つの企業が製造する代わりに、各部品の製造をそれぞれが専門とする他の企業に外部委託し、最終的な組み立てのみを自社で行うという生産方法が採用されました。

その後、電子機器やコンピュータ産業等、多くの業界で広く利用されています。

 

 

 

 

2.OEMのメリット

 

 

(1).委託者にとってのメリット 

 

A.製品の市場投入までの時間短縮 

OEMを活用することで製品開発や生産のプロセスを短縮し、製品の市場投入までの時間を短縮することができます。

特に、専門的な知識や設備を必要とする製品の場合、自社で生産設備を整備するよりもOEMを活用した方がスピーディに製品を市場に投入できるでしょう。

 

B.専門知識や技術の活用 

OEMでは、製品の製造を専門的な技術や知識を持つ企業に依頼するため、自社では持ち合わせていない技術や知識を利用することができます。

 

C.コスト削減

自社で製品全体を生産する場合、設備投資、人件費、材料費、保守費用など、多くのコストが発生します。

しかし、OEMに製造を委託することで、これらのコストを大幅に削減することが可能となります。

 

D.時間を有効活用

OEMによって製造過程を他社に依頼している間、委託者は時間に余裕ができるでしょう。

 

その時間を有効活用すれば、新製品の開発やマーケティング戦略の構築、顧客対応の向上など、ビジネスを成長させることに集中できます。

また、ブランド戦略の強化にも時間を充てるべきです。

 

製品のブランド開発やマーケティング活動、顧客体験の向上など、ブランド価値の向上に注力しましょう。

 

 

(2).受託者にとってのメリット 

 

A.収益の増加  

OEMを行うメーカーは、委託者からの製造依頼を受けて製品を販売し、収益を得ることができます。

これにより、自社ブランドの製品のみを販売する場合と比べると、収益の増加が見込めます。

 

B.製造能力の最大化  

OEMでは自社の製造能力を最大限に活用することができます。

自社ブランドの製品が売れない時でも、OEMの依頼により稼働率を保つことができるのです。

 

C.ブランドの拡大 

OEMにより製造された製品が評価を受けると、その評価が製造元である自社にも還元され、自社ブランドの価値を向上させることができます。

 

 

 

3.OEMのデメリット 

 

 

(1).委託者にとってのデメリット 

 

A.ブランドコントロールが難しくなる  

OEMでは製造を他社に委託するため、製品の品質やデザインなどについての完全なコントロールが困難となることがあります。

 

B.品質管理の難しさ  

製造を外部のメーカーに依頼するため、品質管理が難しくなることがあります。

特に、製造過程が複雑で専門知識を必要とする製品の場合、品質のばらつきが出やすいです。

 

C.知的財産権のリスク 

自社の製品設計や製造技術を他社に伝えることで、その情報が第三者に漏れるリスクがあります。

特に、技術が高度で競争優位性を持つ製品の場合、そのリスクは高くなります。

 

 

(2).受託者にとってのデメリット 

 

A.自社ブランドの犠牲   

OEMでは、製品を他社のブランド名で製造するため、結果として自社のブランドが目立たない可能性があります。

特に、高品質な製品を製造していてもその評価が自社ブランドに直接反映されない場合があります。

 

B.需要の変動への対応が困難   

委託者の需要が減少した場合や急激に増加した場合、それに対応するのが難しいことがあります。

需要の変動により生産量を調整する必要がありますが、これは生産設備の稼働率や人員配置に影響を及ぼします。

 

C.取引の一方的な制約  

契約時には、委託者・受託者ともに価格が懸念されます。

「できるだけ安くしてほしい」「高い見積もりをしてほしい」と双方が思うことは自然ですが、委託者が「なるべく低価格で製造してもらえないか?」と要望することも珍しくありません。

 

ただし、あまりに低価格で契約すると収益率が低下し、受託者にとって不利になる可能性があります。

委託されることは喜ばしいことですが、価格交渉は慎重に行い、双方にとって公平な範囲で合意する必要があります。 

 

 

 

 

4.中国輸入OEMの成功例 

 

中国は生産能力やコスト競争力が高く、労働力のコストメリットを活かした製品が多く製造されています。

また、中国の製造業は多様な製品に対応できる柔軟性も持っています。

 

この利点を活かした中国輸入OEMで成功した事例をご紹介します。

 

OEM

 

1.小規模家具ブランドの立ち上げ 

Aさんは日本で独自の家具ブランドを立ち上げることを目指していましたが、自社製造の費用やリソースの制約があり、OEMを活用することを決めました。

Aさんは輸入代行業者を仲介として中国のOEMメーカーと協力し、独自のデザインと要件を伝えて製造を依頼します。

 

輸入代行業者は中国語が話せないAさんの代わりに内容を翻訳しOEMメーカーに伝達する役割を担いました。

OEMメーカーはデザインに基づいて家具を製造し、輸入代行業者は品質管理や納期管理に力を入れました。

 

Aさんがブランドイメージを確立するために注力したのは、マーケティングや販売です。

オンラインショップやインフルエンサーマーケティングを活用し、多くの視聴者に商品を紹介しました。

 

結果としてAさんの販売する家具は、独自性のあるデザインと品質の良さが好評となりました。

需要が増えるにつれて、製造ロットを拡大し、収益性を向上させることに成功したのです。 

 

2. 雑貨アイテムの販売 

Bさんは、輸入代行業者に紹介してもらった中国のOEMメーカーと提携して、独自の雑貨アイテムを販売しました。

Bさんは商品のアイデアやデザインを出し、OEMメーカーは商品の製造とパッケージングを担当しました。

 

オンラインマーケットプレイスやイベント出展を通じて商品を販売し、顧客の反応をもとに改良を重ねました。

需要が増えるにつれて、Bさんは製造ロットを増やし、商品ラインナップを拡大することに成功したのです。 

 

 

 

5.安心して任せられるOEMメーカーとは 

 

(1).実績と評判 

実績と評判は、信頼できるOEMメーカーを選ぶ際の重要な要素です。

製造実績があり、その製品が市場で良い評価を受けている業者を選ぶことがポイントです。

 

(2).技術と能力 

OEMメーカーが持っている技術力や生産能力も重要な判断基準となります。

自社の製品に必要な技術を持ち合わせているか、大量生産が可能かどうかを確認する必要があります。

 

(3).品質管理体制 

品質管理体制を確立していることが重要です。

具体的には、品質管理のガイドラインが明確に策定されているか、定期的な品質チェックが行われているかなどを確認する必要があります。

 

(4).ロットサイズへの対応  

OEMメーカーは小ロットから大ロットまでの製造に柔軟に対応できることが求められます。

市場の需要が変動する中で、需要の増減に応じた製造量の調整が可能なメーカーを選ぶことが望ましいです。

 

(5).企業の安定性  

長期的なビジネスを展開するためには、OEMメーカーの経済的な安定性と信頼性が求められます。

そのため、経営状態や財務健全性を確認することが重要です。

 

(6).OEMメーカーを探すのが難しい時は輸入代行業者に相談しましょう  

輸入代行業者は長年の経験と専門知識を持ち、信頼できるOEMメーカーとのネットワークを築いています。

市場動向や業界のトレンドにも精通しており、優れたOEMメーカーを見極められるのです。

もちろん、輸入代行業者が仲介となればOEMメーカーとのやり取りも全て日本語でできるようになります。

 

また輸入代行業者はOEMメーカーの選定から製品の輸送、税関手続きまでをサポートします。

リスク管理のプロでもあり、製品の品質や納期に関する管理もします。

 

万が一の問題が発生した場合でも、輸入代行業者が対応するため、事業者様は安心して取引を進めることができます。

 

 

 

 

6.OEMの市場動向と将来展望 

 

OEM

 

(1).OEM市場の現状 

OEM市場は近年、中国を中心に製品開発の高度化やコスト削減の要請、グローバル化の進展などにより拡大傾向にあります。

主要なOEM市場は電子機器、衣料品などであり、大手メーカーや小規模企業、個人事業主までが活用しています。

 

グローバルなサプライチェーンの形成により、需要と供給のバランスが取れた市場が形成されています。

また、技術の進化や製造プロセスの効率化により、より高品質な製品を生産することが可能となりました。 

 

(2).産業の変化とOEMへの影響 

産業の変化、特にデジタル化やAIの進化は、OEMにも大きな影響を与えています。

これらの技術の進歩により、より高度で複雑な製品の製造が可能となり、OEMの可能性を広げています。

 

(3).OEMの将来展望と可能性  

OEMの市場は、今後も成長が見込まれています。

 

特に、IoTやAIなどの新技術の導入により、新たな製品やサービスの開発が進むことが予想されています。

また、環境保護や持続可能な開発(SDGs)への関心の高まりから、エコロジー製品やリサイクル製品の製造に関するOEMの需要も増えることが予想されます。

 

 

 

 

7.まとめ

 

いかがでしたか?

OEMは、製品の製造から販売に至るまでの様々な業務を委託者と受託者が共有する形態であり、その活用は会社にとって大きな戦略的意義を持ちます。

 

しかし、OEMを活用するためには、そのメリットとデメリットを理解し、適切なパートナーを選ぶことが重要です。

そして、市場の動向や将来展望を見据えた上で行いましょう。

 

 

本記事の内容はさくら代行が独自に調べて作成したものです。必ずしも正しいとは限りません。

ご参考になれば幸いです。

アリババ仕入れ代行、タオバオ仕入れ代行、FBA直送はさくら代行にお任せください。

 

この記事は中国輸入代行業者である中国仕入れのさくら代行が執筆しています。

中国仕入れのさくら代行:https://www.sakuradk2.com

 

さくら代行は日本と中国に拠点を持ち、事業者様の代わりに中国国内の全ての業務と日本への納品(FBA直送含む)を行うことを使命としております。中国輸入販売をお考えの方は是非さくら代行サービスをご利用くださいませ。

 

 

 

会員
申込
オススメ
バナーを隠す