中国仕入れをもっと簡単に!
会員登録 | ログイン | 1元=22.39円
トップページ > 中国仕入れのイロハ > 中国、日本の 基礎知識 > 無在庫ビジネスと有在庫ビジネスの最適な仕入れ先は? タオバオ・Tモール仕入れとアリババ仕入れの活用法

無在庫ビジネスと有在庫ビジネスの最適な仕入れ先は? タオバオ・Tモール仕入れとアリババ仕入れの活用法

 

中国からの輸入ビジネスは、その規模の大きさと多様性により、多くのビジネスチャンスを秘めています。

しかし、それぞれのビジネスモデルには適した仕入先があり、その選択はビジネスの成功に大きく影響してきます。

 

本記事では、無在庫ビジネスと有在庫ビジネス、それぞれのビジネスモデルに適した中国輸入の仕入先について詳しく解説します。

特に、中国最大のECサイトである「タオバオ」「Tモール」を活用した無在庫ビジネスと、世界最大のB2Bプラットフォーム「アリババ」を活用した有在庫ビジネスに焦点を当てています。

 

タオバオやアリババの特徴を理解し、適切な仕入先を選ぶことで、ビジネスをより効率的に、かつ成功に導くことができます。

これらのプラットフォームをどのように活用すべきか、そのポイントを理解していただければと思います。

 

有在庫と無在庫

 

 

 

 

1.無在庫ビジネスモデルとは? 

無在庫ビジネスモデルとは、商品を自社で在庫を持たずに販売するビジネスモデルのことを指します。商品は仕入れ先に在庫として保管され、商品が販売された際に直接、仕入れ先から顧客へと発送されます。このモデルは、ドロップシッピングとも呼ばれ、ECサイトやアフィリエイトなどでよく使われます。

 

1.無在庫ビジネスモデルのメリットとデメリット

メリット

・初期投資が少ない

商品の在庫を保有する必要がないため、大量の商品を購入する必要がありません。

 

在庫リスクがない

売れ残りリスクや在庫管理によるコストが発生しないため、財務リスクが低減します。

 

商品ラインナップの柔軟性

様々な商品を少量ずつ取り扱うことが可能なため、消費者のニーズに柔軟に対応できます。

 

デメリット

利益率が低い

大量購入による仕入れ値の割引が受けられないため、利益率は通常低くなります。

 

品質管理や納期管理の難しさ

商品の品質や発送を直接コントロールできないため、品質や納期管理が難しい面があります。

 

2.無在庫ビジネスの成功要因    

まず第一に、信頼できる仕入れ先から高品質な商品を仕入れる必要があります。

これは、仕入れ先が商品の品質と納期を保証するためで、品質の問題があると顧客の信頼を損ね、配送が遅いと顧客満足度が下がる可能性があるからです。

 

また、市場のニーズはなにかを考え、これから売れるものを予測することもまた、無在庫ビジネスモデルの成功に繋がります。

どの商品が市場で求められているのか、どの商品が競争力を持つのかを理解することで、ビジネスの方向性を決定することができます。

 

これには定期的な市場調査と需要予測が必要となります。

さらに、オンラインマーケティング戦略も無在庫ビジネスの成功に大きく影響します。

 

製品を直接所有しないため、製品を顧客に効果的に提示し、興味を引くことができるマーケティング戦略が不可欠です。

これには、SEO最適化、ソーシャルメディアマーケティング、コンテンツマーケティングなどが挙げられます。

 

優れた顧客サービスも無在庫ビジネスの成功を支えます。

顧客からの問い合わせや、商品の配送や返品に関する問題を迅速かつ効率的に対応しなければなりません。

 

効果的なデータ管理は、無在庫ビジネスを成功させるためにはとても重要です。

販売データ、在庫データ、顧客データなど、ビジネスに関連するすべてのデータを正確に管理し、適切に分析することで、ビジネスのパフォーマンスを評価し、将来の戦略を練ることができるようになります。

 

 

 

2.無在庫ビジネスのおすすめの仕入れ先はタオバオとTモール 

無在庫ビジネスでおすすめの仕入れ先は、「タオバオ」と「Tモール」です。

これらのプラットフォームは、商品の種類が豊富で、取引の透明性が高いため、新規ビジネスオーナーでも取引を始めやすいのが特徴です。

 

1.タオバオとTモールとは?      

「タオバオ」は、個人や小規模事業者が商品を販売できるC2C型(消費者から消費者への取引)のオンラインマーケットプレイスです。

 

一方、「Tモール」は、中大規模の企業やブランドが商品を販売するB2C型(企業から消費者への取引)のオンラインマーケットプレイスで、両者ともにアリババグループが運営しています。

 

商品は一般的に個別または少量のロットで販売され、単価は比較的高い傾向にあります。

これにより、少量の商品を購入したり、様々な種類の商品を試したりすることができます。

 

商品の品質は、販売者や製品の種類により異なります。Tモールの方が品質管理が厳しく、知名度のあるブランドや正規店舗が多い傾向があります。

その一方で、タオバオはより多種多様な商品を取り扱っており、中には品質が不確かな商品も含まれている可能性があります。

 

2.タオバオとTモールでの商品の探し方     

タオバオとTモールのウェブサイトは、ユーザーフレンドリーな検索機能を持っています。

商品を探すには、検索ボックスに商品名やキーワードを入力すると、関連する商品リストが表示されます。

 

また、カテゴリーやサブカテゴリーを選択して、特定の種類の商品を絞り込むこともできます。

さらに、価格範囲や出品者の評価など、さまざまなフィルターを使用して商品検索を精緻化することができます。

 

ただし、これらのウェブサイトは主に中国語で運営されているため、中国語の基本的な理解があるとより効率的に商品を探すことができます。

もしくは、専門的な翻訳サービスやツールを利用することや、輸入代行業者に頼ることも一つの方法です。

 

 

3.タオバオとTモールでの取引の流れ       

まず、必要な商品をプラットフォーム上で探し、その商品の詳細情報を確認します。

商品の価格、画像、仕様、出品者の評価などを確認し、注文する数量を選択します。

 

次に、商品をショッピングカートに追加し、購入を進めます。

購入時には、配送先の情報を正確に入力する必要があります。

 

また、配送方法や支払い方法も選択します。支払いは主にAlipay(アリペイ)が利用されますが、他の国際的なクレジットカードやデビットカードも使用できることがあります。

 

注文と支払いが完了すると、出品者は注文を確認し、商品を梱包して配送します。

配送状況はプラットフォーム上で確認することができます。

 

商品が到着したら、品質を確認し、問題がなければ取引を完了とします。

もし問題があった場合は、出品者やプラットフォームのカスタマーサポートに連絡を取ります。

 

 

4.個性的なデザイン商品の取り扱い     

タオバオやTモールは、個性的なデザインの商品を多く取り扱っています。

 

これらの商品は、独自のブランドやデザイナーが作成した商品で、一般的な商品とは異なる独特のスタイルや特徴を持っています。

特定のニーズや好みを持つ顧客に魅力的であるため、無在庫ビジネスで取り扱うことで競争力を持つことができます。

 

これらの商品を取り扱う際には、商品の品質やデザインの詳細をしっかりと確認し、商品の特徴や魅力を顧客に伝える必要があります。

また、顧客のフィードバックや評価を定期的にチェックし、顧客のニーズに合わせて商品の選択を調整することも重要です。

 

これにより、無在庫ビジネスの商品ラインナップを常に新鮮で魅力的なものに保つことができます。

 

 

5.タオバオとTモールの注意点とトラブル回避       

タオバオやTモールで取引を行う際の注意点はいくつかあります。

 

まず、出品者の評価とレビューをチェックすることが重要です。

これらは出品者の信頼性を示す重要な指標であり、出品者の評価が高く、ポジティブなレビューが多い場合は信頼性が高いと判断できます。

 

また、商品の詳細情報をしっかりと確認することも重要です。

商品の仕様、品質、材料などを理解し、商品が自身のビジネスニーズに適していることを確認する必要があります。

商品の説明に不明確な点があれば、購入前に出品者に確認することが望ましいです。

 

さらに、言語の問題も注意が必要です。

タオバオやTモールは主に中国語で運用されていますので、翻訳ツールを用いて商品情報を理解することが必要となる場合があります。

 

最後に、商品の配送や税関処理にも注意が必要です。

商品の配送状況を常に確認し、税関の規制や費用についても事前に調査しておくことが重要です。

 

 

6.無在庫代行の倉庫保管機能サービス      

 

有在庫と無在庫

 

輸入代行業者である中国仕入れのさくら代行は、中国の商品を輸入する際の代行サービスがあります。

商品の仕入れから配送までを一手に引き受けるだけでなく、商品の保管サービスも行っています。

 

このサービスは、特に無在庫ビジネスにおいて有用です。

商品を自社で保管する必要がなくなり、商品の在庫リスクを大幅に軽減することができます。

そして顧客からの注文が入った際には迅速に商品を配送します。

 

これにより、顧客への配送時間を短縮し、顧客満足度を向上させることができるのです。

実際には無在庫でもアリババ利用のユーザーもいます。

たとえば、さくら代行の無在庫プランにある倉庫保管機能を活用することで、売れ筋を2点購入して、1点を販売、1点を倉庫保管といったこともできます。

 

 

 

3.有在庫ビジネスモデルとは?   

有在庫ビジネスモデルは、事業者が商品を事前に仕入れて在庫として保持し、顧客からの注文に応じてその在庫から商品を販売するビジネスモデルのことを指します。

 

1.有在庫ビジネスモデルのメリットとデメリット     

 

メリット

・高速な出荷

商品を即時に出荷できるため、顧客への配送時間を短縮できます。

 

品質管理

商品を自社で保管しているため、商品の品質を確認し、管理することができます。

 

在庫管理

在庫の状況を常に把握しており、適切な在庫管理により商品の売り切れを防ぐことができます。

 

デメリット

在庫リスク

売れ残った商品が在庫となってしまうと、その商品のコストが損失となります。

 

倉庫管理コスト

商品を保管するための倉庫や保管場所が必要で、その運営や管理にコストがかかります。

 

資金繰り

大量の商品を仕入れるためには初期投資が必要で、その資金繰りが難しい場合もあります。

 

2.有在庫ビジネスの成功要因     

有在庫ビジネスの成功は、いくつかの要素が組み合わさって成り立っています。

無在庫ビジネス同様、市場分析と予測は極めて重要です。

 

それは、顧客の需要に見合った在庫を維持することが、商品の売り切れや在庫過剰といったリスクを最小限に抑えるためです。

これには、市場のトレンドや季節変動、さらには競合他社との関係などが絡んできます。

 

次に、在庫管理の効率化が挙げられます。

在庫を適切なレベルに保ち続けることは、製品の購入から販売に至るまでの一連の流れをスムーズにし、結果として顧客満足度を向上させます。さらには、効率的な在庫管理は、事業の資金運用にも影響します。

 

また、商品の品質と顧客サービスは切っても切れない関係にあります。

商品の品質を一貫して維持し、顧客からの問い合わせやクレームに迅速かつ的確に対応することで、顧客の信頼を勝ち取ることができます。

 

効率的な物流システムを構築し、商品を確実に、そして迅速に顧客のもとへと届けることで、顧客満足度を高めると同時に、リピートビジネスを促進します。

 

倉庫管理の重要性も忘れてはなりません。

商品の保管状況、ピッキングとパッキングのプロセス、在庫の追跡と更新など、倉庫での一連の流れを適切に管理することが、商品の品質を保つ上で必要不可欠です。

 

 

 

4.有在庫ビジネスのおすすめの仕入れ先はアリババ    

無在庫ビジネスでおすすめの仕入れ先は、「アリババ」です。

世界中の製造業者、サプライヤー、エクスポーター、インポーターが集まるため、様々な商品を大量に仕入れることに向いています。

 

 

1.アリババとは?      

アリババは中国最大のB2B(ビジネス・ツー・ビジネス)Eコマースプラットフォームで、企業間の取引を支援するオンラインマーケットプレイスです。

 

一般的にアリババの製品は大量(ロット)で販売され、単価は低く設定されています。

そのため、大量に商品を仕入れることが可能で、単価も大量購入により抑えることができます。

自社の在庫を保つ企業にとっては理想的な仕入れ先となっています。

 

2.アリババでの商品の探し方    

アリババで商品を探す方法は比較的直感的で、検索バーに商品名やカテゴリーを入力するだけで、数多くのサプライヤーが販売する商品を見つけることができます。

 

また、さらに詳細な条件を設定したい場合は、絞り込み検索の機能を利用することができます。

これにより、最小注文数量(MOQ)、価格範囲、サプライヤーの所在地など、特定の条件に基づく商品を探すことができます。

 

さらに、アリババでは"Trade Assurance"というサービスを提供しています。

これは取引がサプライヤーとの契約通りに行われることを保証するものです。

 

新たに取引を始めるサプライヤーを探している場合は、この"Trade Assurance”を提供しているサプライヤーを優先的に検討すると良いでしょう。

アリババを用いて商品を探す際には、必ずサプライヤーの信頼性と商品の品質を確認することが重要です。

 

これには、サプライヤーの詳細ページを確認し、過去の取引の履歴や評価、商品の詳細な仕様や画像をよく見ることなどが挙げられます。

また、商品サンプルを注文することで、商品の品質を自分で確認することもできます。

 

 

3.アリババでの取引の流れ      

アリババのウェブサイトにアクセスし、商品を探します。

 

商品名やカテゴリを入力し、適合する商品を見つけたら、サプライヤーの詳細情報や商品の詳細を確認します。

 

次に、必要ならばサンプルを注文しましょう。

商品の品質を直接確認することができます。

サンプルが満足できる品質であれば、サプライヤーに連絡し、価格交渉や最小注文数量の調整を行います。

 

価格や数量について合意が得られたら、注文を進めます。

通常は契約書を結び、それに基づいて注文を行います。

アリババの"Trade Assurance”プログラムを利用すると、取引が契約通りに行われることが保証されます。

 

支払いを行い、商品の出荷を待ちます。

商品が出荷されたら、通常はトラッキング番号が提供され、商品の配送状況を確認することができます。

 

4.アリババの注意点とトラブル回避     

最初に考慮すべきはサプライヤーの信頼性です。

アリババで取引を行う際、サプライヤーの評価を確認し、取引の履歴や他の顧客からのフィードバックを確認します。

特に、サプライヤーが"Trade Assurance”を提供している場合、そのサプライヤーは信頼性が高いと考えることができます。

 

次に、商品の品質についても慎重に評価する必要があります。

商品の詳細な仕様を確認し、提供された画像を注意深く見ることが重要です。

可能であれば、品質を確認するために商品のサンプルを注文することをおすすめします。

 

また、取引の過程でのコミュニケーションも重要です。

明確なコミュニケーションを保つことは、トラブルを回避し、取引を円滑に進めるための鍵となります。

 

取引の過程で発生するすべての通信は記録され、後から確認できます。

 

 

 

5.無在庫ビジネスモデル VS 有在庫ビジネスモデル  

 

有在庫と無在庫

 

1.ビジネスモデル選びのポイント     

・資本投資

無在庫ビジネスモデルは初期の資本投資が小さく、新しいビジネスを立ち上げる際には有効な手段となります。

一方で、有在庫ビジネスモデルでは、在庫を購入し保管するための初期投資が必要です。

そのため、利用可能な資金はビジネスモデルの選択において重要な要素となります。

 

・コントロールと品質

有在庫ビジネスモデルでは商品の品質や配送についてより細かいコントロールが可能です。

無在庫ビジネスモデルでは、サプライヤーの品質や配送の信頼性に大きく依存します。

 

・市場の需要と供給

市場の需要と供給もビジネスモデルの選択に大きな影響を与えます。

一部のニッチな商品は大量に仕入れるのが難しい場合があります。

無在庫モデルは、これらの種類の商品を扱うのに適しています。

 

・リスク許容度

有在庫ビジネスモデルは売れ残りのリスクを伴いますが、一方で、無在庫モデルは供給の不確実性というリスクを持っています。

これらのリスクに対する許容度もビジネスモデルの選択に影響します。

 

・拡大の速度と規模

 無在庫ビジネスモデルは迅速な拡大を可能にしますが、有在庫ビジネスモデルは大規模なビジネスになると効率が良くなる傾向があります。

 

 

2.送料の違い  

無在庫ビジネスモデルでは、商品を直接顧客に送るための送料のことを考えなくてはなりません。

具体的には、商品が製造元や卸売業者から直接顧客に送られる無在庫ビジネスモデルでは、商品の重量やサイズ、送付先によって送料が大きく変動する可能性があります。

 

これらのコストは、商品の価格設定や利益率に直接影響を与え、ビジネスの成功を左右する重要な要素です。

無在庫ビジネスの場合は直接顧客に送るため、商品を送る際の重さは比較的軽く、送料を安く抑えられることが多いです。

 

一方、有在庫ビジネスモデルでは、製造元や卸売業者から自社の倉庫や店舗への送料、そして自社から顧客への送料の両方を考慮する必要があります。

大量の商品を一度に購入し、自社の倉庫に保管することで一定の送料を節約できるかもしれません。

しかし、一方で、在庫を保管するための倉庫やスペース、在庫管理にかかるコストも発生します。

 

輸入代行業者である中国仕入れのさくら代行の取り組みをもとに、実際の例を見てみましょう。

これは、有在庫として中国から日本(自社)へ商品を送る際の1kgの送料です。

 

有在庫と無在庫

 

一番安い送料は88元(約1700円)であることがわかります。

 

次に、無在庫として中国から日本(顧客)へ商品を送る際の1kgの送料です。

さくら代行では、無在庫代行の際はクロネコヤマト国際便を利用しています。

 

有在庫と無在庫

 

こちらは65元(約1250円)です。

比較すると、やはり無在庫ビジネスの方が送料が安いことがわかります。

 

 

3.どちらのビジネスモデルを選ぶべきか?

どちらを選ぶべきかはビジネスの特性、資金繰り、リスク許容度、目指すビジネスのスケールなど、様々な要素によって左右されます。

 

自社のビジネスの状況を詳細に分析し、リスクとリターンを比較検討することが必要です。

また、無在庫ビジネスから始めて、ビジネスが成長した段階で有在庫ビジネスへ移行するという選択肢もあります。

 

 

 

6.まとめ 

いかがでしたか?

無在庫ビジネスならタオバオ、有在庫ビジネスならアリババと覚えておくといいでしょう。

それぞれのビジネスモデルと、それに適した仕入先の特性を理解することで、より効率的な輸入ビジネスが実現できます。

 

しかし、いずれのビジネスモデルを選択するにせよ、サプライヤーとの信頼関係の構築、商品の品質管理、リスクの軽減など、多くの要素を考慮する必要があります。

 

また、無在庫ビジネスでも有在庫ビジネスでも、ビジネスの成功は商品選びだけでなく、適切なマーケティング戦略や顧客サービスによっても大きく左右されます。

自社の強みを活かし、目指す目標に合った戦略を立てていきましょう。

 

さくら代行は、中国輸入ビジネスの発展に向けて、事業者様の成功を心から応援しています。

ご不明な点やご質問がございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

本記事の内容はさくら代行が独自に調べて作成したものです。必ずしも正しいとは限りません。

ご参考になれば幸いです。

アリババ仕入れ代行、タオバオ仕入れ代行、FBA直送はさくら代行にお任せください。

 

この記事は中国輸入代行業者である中国仕入れのさくら代行が執筆しています。

中国仕入れのさくら代行:https://www.sakuradk2.com

さくら代行は日本と中国に拠点を持ち、事業者様の代わりに中国国内の全ての業務と日本への納品(FBA直送含む)を行うことを使命としております。中国輸入販売をお考えの方は是非さくら代行サービスをご利用くださいませ。

会員
申込
売れ筋順
バナーを隠す